© オフィつく All rights reserved.

のびー

日本にも広まってほしい「イエロードッグプロジェクト」…とは??

黄色のリボン

・・・「そっとしておいて」のサイン

 

2012年6月、スウェーデンの犬の心理学者やトレーナーなどのグループが始めたもの。

オーストラリアの一部のドッグクラブでは、周囲からの刺激に敏感に反応する犬の目印として黄色いリボンを使っていることにヒントを得たそうです。

 

どんな時に黄色いリボンを付けるの??

健康上の問題

トレーニング中

社会復帰のための訓練中

他の犬を怖がったり、近くに来ると反応してしまう

 

yellow

「可愛い!!」と、犬に近づいてくる光景を目にしたことがあると思います。

ですが、犬にとってそれは大きなストレスになっている可能性が…

挨拶しようと近寄ってきた飼い主さんや犬に「来ないで!!」なんて、言えませんよね。

どの犬に近寄っちゃいけないのか、分からないこともあると思います。

だからこそ、黄色いリボンの出番なのです!!

目印になる黄色いリボンはリードに付ければOKです。

例

 

黄色いリボンがなくても知っておきたいサイン

首をかく

嫌がっていたり、やめてほしい時に首をかきます。

この場合は違う行動に移ったり、楽しいことをするようにして嫌がる行動を一時中断しましょう。

あくびをする

やめてほしい時に出る仕草。

この時も原因を取り除くようにして、接することが大切です。

 

 

覚えておくべき注意しておきたいこと

日本でも広まってほしいプロジェクトですが気を付けていただきたいことがあります。

inu

人間の勝手な思い込み

飼い主が安易にイエロードッグ扱いをして、犬の社会科の可能性を奪わないよう注意が必要です。

こういったことを避けるためにも、犬の仕草など飼い主が勉強しないといけません。

 

人間が犬語を話せたら良いのですが…

飼っているペットが今、どんな気持ちでいるのか気になる時ありませんか??

犬が出しているサインを見落とさず良好な関係を築けると良いですね

 

このプロジェクトはインターネットを通じて少しずつ世界各国に広まっています。

The Yellow Dog Project

まだまだ日本には浸透していないプロジェクト。

リードに黄色いリボンをしている犬を見掛けたら、近付かずそーっと眺めておく程度にしましょう。

Facabook

yellow0

 

 

この記事を書いた人

くらら
くららチームオフィつく業務メンバーTwitter:@offitsuku
生まれも育ちも東京。いまだに実家でお世話になっています。
カメラ購入!! どうでもいいものをパチパチ撮影してます。
お酒を飲みながら観るライブが好き。
昔習っていたピアノを再開、少しずつ弾けるように練習中…

関連記事

  1. みね

    初めて知りました~!!
    これ良いですね^^
    病気じゃなくても、社交的ではないワンちゃんもたくさんいるし・・・
    o(^-^ )o——–⊆^U)┬┬~

  2. やなぎ

    初めてこのプロジェクトを知りました!!確かに日本でリードに黄色リボンをつけてる人を見ないかも・・・
    理解してたら犬にも飼い主にとってもいいですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お月見2

20169/14

今年のお月見はいつ?十五夜の由来と楽しみ方♡

今年の十五夜(中秋の名月)は2016年9月15日(木)です🌝!! ススキを飾り季節を感じられる様に♡ 弊社の…

large

働くママは世界一多忙!?そんなママを癒してくれるフォロワー32万人”てぃ先生”のツイッターがすごすぎる!!

女は家庭を守る存在、そんな話は昔の事で今は女性が活躍する時代。 50%以上の家庭が共働きで生活をしています。 一緒に働かなくては生活で…

large (13)

20157/17

女ウケ最高♡楽してカワイイをGETできる人気の派手リップで夏のトレンドをおさえよう

街中で流行中の派手リップ 敷居が高くて、なかなかチャレンジできない女子も多いのでは? 色白じゃないと似合わないしなぁ。 黒髪だから怖く…

cat

予約2~3カ月待ち!!今大人気のネコの印鑑?ニャンカン【ニャン鑑】とは?

大阪の印鑑会社「城山博文堂」が8月に新発売した印鑑が注目を集めています! 注文殺到の為2~3ヶ月待ちの大人気商品。 私も欲しいか…

コムローイ祭り

20149/30

塔の上のラプンツェルのモデルにもなった、タイの幻想的なコムローイ祭り

コムローイ祭りって?? タイで開催される仏教のお祭りです。 農業の収穫に感謝し、水の女神コンカーに祈りを捧げ、罪を謝罪し自らを清めま…

ページ上部へ戻る