会社の電話「ビジネスフォン」の導入コストは設置台数によって変動します。

ビジネスフォンは必要?

「外線」「内線」という電話回線をメンバー間で共有して使用できる、とても便利な電話機の「ビジネスフォン」
こちらでは、この便利なビジネスフォンについて、その機能や導入手順、導入コストについてご紹介してみましょう。

 

 

ビジネスフォンとは何ですか?

ビジネスフォンってどんなもの?

 

ビジネスフォンとは、屋内のメンバーで相互に通話できる「内線」と、屋外の人と通話するための「外線」を、メンバー間で共有して使用できる電話機です。

 

では、家庭用の電話機とはどんな違いがあるのでしょうか。

電話は、電話機一台に電話回線一本のペアが基本です。
家庭用の場合、家庭用多機能電話では親機とコードレスの子機がセットになり、親機・子機間で内線のように通話でき、親機か子機のいずれかで外線の受発信ができますが、電話回線は一本なので親機・子機同時に外線で通話することはできません。

 

ビジネスフォンでは、屋外とつながる電話回線が「主装置」と呼ばれる小型の電話交換機に接続され、ここから屋内の複数の内線につながっています。
この主装置にはCPUを始め電源、内線、外線それぞれのユニットや、その他機能のユニットが収容されており、電話番号などさまざまなデータが記憶され、主装置につながる専用電話機をコントロールします。

 

つまり、家庭用多機能電話機の親機・子機の組み合わせのように、ビジネスフォンでは、主装置と専用電話機の組み合わせによって成り立っているのです。

 

電話機一台に電話回線一本の場合、誰かが外線で通話していると他の人が外線を掛けることができませんが、ビジネスフォンでは主装置が電話回線を切替えて、空いている電話回線につないでくれるので“通話中”となることを回避してくれます。

 

また、

  • 屋外からかかってきた電話を切らずに保留にする機能
  • 受信した電話を専用電話機から他の専用電話機へ転送したりする機能
  • 営業時間外や休暇中であることを伝えるメッセージの発信

など、ビジネスでの利用に適した多くの機能を備えています。

 

 

ビジネスフォンを導入するには?

ビジネスフォンを導入するには、ビジネスフォンを取り扱う専用業者に依頼をすることになります。
専用業者では、まず、オフィス全体のレイアウトとデスクレイアウトを確認し、ビジネスフォンの主装置の設置位置や専用電話機の設置場所を決定します。
これに基づき、専用業者が工事を設計し、見積もりと工事スケジュールを決めます。
電話回線(固定電話)については、NTTが手配するので、NTTへの申請手続きをします(通常、ビジネスフォンの専用業者が代行)。

 

実際の工事日には、次のような流れで工事が進みます。

  1. ビジネスフォンの専用業者が、主装置を基にして、各専用電話機の設置場所まで電話ケーブルを配線し、デスクレイアウトに合わせて端末となる専用電話機を接続していきます。
  2. 電話回線工事業者が、電話回線の引き込み工事をします。
  3. NTTでは、電話回線を主装置まで配線し接続します。
  4. この後、外線・内線の着信音や、内線番号の設定、さらには短縮電話帳登録、留守番機能、外線転送機能などのデータ設定をビジネスフォンに対して行っていきます。
  5. 最終的に動作確認を行って問題なければ、この日からビジネスフォンが利用できるようになります。

 

 

ビジネスフォンの導入コスト

ビジネスフォンのコストはどれくらい?

 

ビジネスフォンの利便性についてご理解いただけたと思いますが、実際にビジネスフォンを導入する場合、コストはどれくらいかかるのでしょうか。
まず、ビジネスフォン本体の価格については、相場は次のようになっています。

 

主装置 20万円~30万円
専用電話機名 3万円~4万円/1台

 

また、ここに工事代金が加わってきますが、一般的な相場は次のとおりです。

 

オフィス内配線工事 500~700円/ケーブル1m当たり
主装置の搬入・設置 1万5,000円前後/1台
専用電話機の搬入・設置 7,000~9,000円/1台
データ設定 2,000~3,000円/1台

 

なお、ビジネスフォン本体については、中古機の販売も行われておりますので、予算に限りがあればそちらを検討するのも得策です。

 

このように、専用電話機の設置台数にしたがって、本体の価格も、工事代金も変動していきますので、ビジネスフォンを使う目的・必要性をしっかりと検証したうえで、導入を検討するようにしましょう。

TOPへ